着物はクリーニングがオススメ!?


最近では日常生活で着られることが少なくなっている着物ですが、なにかの折りに袖を通す人は今でもいるはずです。成人式では振袖を着たくなるものですし、正月には晴れ姿を、そして夏場には浴衣などシーンに合わせて選択して楽しんでいます。また茶道や華道といった伝統のお稽古事をする場合にも正式には着物を着ますし、私服としては洋服が多くなっていますが、必要な場面はまだまだあります。

そして最近は簡単に着付けができるタイプも販売されていて、比較的気楽に着られるようになってきているのも確かなことです。それゆえ気になっている、袖を通してみたという人もいますが、その後の扱いに困るという場合もあるはずです。

普通、衣服は着た後に洗濯をするものです。それでは着物も同じようにしていいのかというと、品によって違ってきます。最近の簡易性のタイプなら洗濯機で水洗いも可能ですが、高価な品の場合は手洗いも避けた方がよく、専門のクリーニング店にお任せした方がいいです。昔ながらの反物は丁寧に扱わないと痛みが出てきてしまうので、信頼できる専門店に依頼するのがよく、そうすることで長く使い続けることができるのです。

現在、昔ながらの品は数が少なくなってきて、簡単に手に入るものではなくなってきています。それゆえ手持ちの品を大切にすること、未来に残していくことも大事です。これから先に残すためにも、手入れは正しくしっかりと行うことが求められます。